一般的な葬儀の流れ(2)

関係者への連絡と届け出

通夜・葬儀の日時、場所が決定したら、親族や友人に連絡します。 基本的に連絡は電話で行います。

連絡の優先順位は
1. 家族
2.近親族(三親等くらいまで)
3.知人・友人・勤務先・学校・関係先・隣近所など

緊急の場合ですので、家族や近親族、親しい友人への連絡は、早朝や深夜でも失礼にあたりません。 できるだけ手短に、通夜・葬儀の場所、日時を正確に伝えるようにします。勤務先は直属の上司、 学校でしたら、担任の先生に連絡して、そのほかの人にもしらせてもらいます。

死亡届は「死亡診断書」(「死体検案書」)を添付して、市町村役所の戸籍係に「死亡届」を出します。  その後「火葬(埋葬)許可書」を受け取ります。葬儀社が代行する場合もあります。

通夜と葬儀の手配

通夜に当たっては以下の手配が必要になります。
◦納棺式に備え、仏衣の経帷子など、死装束を用意
◦遺影写真の作成
◦通夜の弔問客にお渡しする通夜供養品の手配
◦式場にお供えする供花(生花・樒)供物の手配
◦通夜の親戚、世話役の夕食、通夜ぶるまいの料理、飲み物の手配
◦自宅、寺院、集会所等で葬儀を行う場合の駐車場確保
◦お世話係の方々に、通夜の役割を分担
◦棺を式場等に移動する場合の寝台車の手配
◦貸衣装の手配(必要な場合)
◦会葬礼状の用意(予想される人数より多めに用意しておきます。)
◦会葬者にお渡しする供養品の準備
葬儀に当たっては以下の手配が必要になります。
◦親族、世話役の方々にふるまう仕出し料理と、飲み物の用意
◦寝台車、霊柩車、マイクロバス、タクシ-の手配(あらかじめ火葬場、骨上げ、式場への送迎者数を考慮して依頼します)
◦個人葬でも弔辞を希望する場合、早めに故人のゆかりのある人へ依頼
◦葬儀の時間を親族、会社関係、知人等への連絡
◦寺院には葬儀の内容と、希望する僧侶の人数を伝え、戒名や法名についての相談

納棺

亡くなったあと、時間をおかずにご遺体を棺に納めることもありますが、遺族や親戚が揃ってから行うことが多いので、一同が集まりやすい通夜前に行われることが一般的です。

本来は遺族の手で行うものですが、最近では葬儀社スタッフ、納棺専門業者等のスタッフが納棺の儀式を仕切っています。

納棺

通夜の準備

■心づけの準備
通夜が始まると、遺族に時間の余裕がなくなるため、葬儀の当日、霊柩車・火葬場への送迎車の運転手や、斎場・火葬場の係員などに渡す「心づけ」を前もって準備しておきましょう(ただし、公営の火葬場で渡すことは禁じられています)

■仮通夜の場合
近親者のみでおこなうのが「仮通夜」です。
仮とはいえ、本来であれば僧侶を招いて読経していただくのですが、最近では省略されるケースも増えています。(通夜ぶるまいは不要です)  自宅で仮通夜を行う際には、遺体は納棺せず、枕飾りを置いたまま行う場合もあります。

■僧侶を招いた場合
僧侶を招いた場合は、読経後にお礼を述べ、「お車代」を渡しましょう。

通夜

遺族が交代で灯明と線香の火を絶やさないように番をします。
通夜は、夜を徹して故人に付き添うのが習わしでしたが、最近では2時間程度で終わる半通夜が一般的となりました。

一般的な通夜の流れは以下のようになります。

ご遺族・参列者の着席
僧侶の入場・開式
読経
僧侶のご焼香
喪主、遺族、親族の順番でご焼香
参列者のご焼香
ご焼香後、喪主または親族代表のお礼の挨拶・閉式
通夜ぶるまい
お開きの挨拶

上記は、仏式の一例です。
※地域、宗旨宗派により、順序・内容が異なることがあります。

このページの先頭へ