持ち方、使い方・・・

昨日の新潟市は暖かい秋晴れでしたねv(。・ω・。)

どうも!

(株)オーミ新米です(。・ω・)ノ

 

今日は前回の続き・・・

『数珠の持ち方、使い方』について学んだので書き込みしたいと思いますφ(ー` )

 

まず、「数珠の持ち方(使わないとき)」

・座っているとき・・・

座っているときは、数珠のふさを下にして左手首にかけておきます。

・歩くとき・・・

歩くときは、数珠のふさを下にして左手に持ちます。

(長い数珠のときは、二重にします。)

 

次に「数珠の持ち方(使うとき)」

・焼香や合掌するとき・・・

短い数珠は、両手を合わせ親指以外の4本の指にかけて親指で軽く押えます。指を伸ばし両手をぴったり合わせるようにして合掌します。そのとき、数珠のふさは必ずにします。

長い数珠は、両手中指にかけて、手と手の間で静かにすり合わせ合掌する。短い数珠と一緒ふさはにします。

 

一般的な持ち方を紹介しましたが、やはり宗派によって持ち方もさまざまなようです。

ただ、必ずその宗派の持ち方をしなければいけないわけではないので「他の人と違う・・・」と恥ずかしがらなくても大丈夫です!!

持ち方がわからずに周りをキョロキョロしてしまうほうが恥ずかしかったりしますよね?

持ち方も宗派によって違いますし・・・この機会に自分の宗派の持ち方を知っておくのもいいかもしれませんねφ(゚ ω゚//)

それではこの辺で・・・

                         新潟市(株)オーミ 新米事務員

 

 

 

 

 

 

 

omi

このページの先頭へ