拾骨

遺体を火葬した後の拾骨を骨上げ、収骨とも言います。

 

遺族による拾骨は日本独特の儀礼と言われています。

 

このため欧米では骨の原型が残らない骨灰になるのに対し、

日本では形がきれいに残るように焼くことが大切とされています。

 

admin_a

このページの先頭へ