命日の数え方

死亡した同月同日の命日を祥月命日(しょうつきめいにち)といいます。

 

法要を営む時は、故人の祥月命日を基にして考えます。

故人が亡くなってから、まる1年目にあたる祥月命日が一周忌です。

三回忌以降は亡くなった年を含めた数え方(数え年)になります。

例えば、三回忌は亡くなってから満2年目、七回忌は亡くなってから満6年目というように数えていきます。

 

初七日や四十九日の数え方は、死亡日を1日目として数えます。

admin_a

このページの先頭へ