忌日法要

亡くなってから百日目までの法要を「忌日法要」と言います。

忌が明ける四十九日までを「中陰」と言い、7日ごとに計7回の法要が営まれます。

 

現在では、初七日と四十九日法要の2回だけに省略するのが一般的で、特に初七日の法要は遠方の参列者への配慮から、葬儀の日に併せて営むことが多くなっています。

 

四十九日は「満中陰」と言い、この日をもって忌明けとされるほか、故人の死後の行方が決まる日とされ、初七日と同様の盛大な法要を営みます。

また、この日に納骨式を併せて行うことも多いようです。

admin_a

このページの先頭へ