清めの塩

 火葬場やセレモニーホールなど、通夜や葬儀から帰った人に塩をかけることを、清めの塩(清め塩)と呼びます。

 まだ医学の発達していなかった昔、伝染病で亡くなった人の葬儀の参列者に、感染症が相次ぐことがあったのでしょう。

 このようなことから、死は穢れとみなされてしまい、この穢れを清めるためのおまじないのようなものが習慣として残ったものが清めの塩と言われています。

 

 しかし、仏教では死は極楽浄土に行くもので、穢れとは考えません。

 親しかった人の死を穢れとみなし塩をかけるのは、故人をおとしめる行為だとして、行わないのが一般的となりつつあります。

 

admin_a

このページの先頭へ